UNIRITAユーザ会とは

あゆみ

1977年3月 「ADABASユーザ会」発足準備会
1977年6月 「JADA GROUP (Japan ADABAS Group)」発足
第1回ADABASユーザ会議 開催
1978年7月 ADABAS分科会として「ASSIGN (ADABAS Special Interest Group of Nippon)」発足
1980年5月 JADA GROUPを「ソフトウェア・エージー・ユーザ会」と改名、 「A-AUTO分科会」発足
1981年6月 「COM-PLETE分科会」発足
1981年9月 「関西地区ASSIGN」「関西地区A-AUTO分科会」発足
1983年7月 各分科会の中にテーマ毎の研究グループが発足、合同分科会(現シンポジウム)準備会開催
1984年3月 第1回合同分科会 ホテルコンコルド浜松にて開催(60社122名)
1985年3月 第2回合同分科会 箱根観光ホテルにて開催(63社130名)
1986年3月 第3回合同分科会 ホテルニュー京都にて開催(88社193名)
1986年6月 「マネジメント研究会」発足
1986年7月 「クロスオーバー研究会」発足
ASSIGNニュース創刊号発行
1987年3月 第4回合同分科会 シャトーテル赤根崎(熱海)にて開催(113社260名)
1988年3月 第5回合同分科会 グランドホテル浜松にて開催(122社322名)
1988年8月 ユーザ会ニュース(ASSIGNニュースを拡大)創刊号発行
1989年3月 第6回ユーザシンポジウム (合同分科会を改名) グランドホテル浜松にて開催(130社399名)
1989年6月 ASSIGNを「データベース研究会」、A-AUTO分科会を「コンピュータ運用研究会」
COM-PLETE分科会を「ネットワーク研究会」と改名
1990年3月 第7回ユーザシンポジウム グランドホテル浜松にて開催(182社504名)
1991年3月 第8回ユーザシンポジウム グランドホテル浜松にて開催(182社547名)
1991年7月 「中部マネジメント研究会」発足
1991年9月 「中部地区データベース研究会」「中部地区コンピュータ運用研究会」発足
1992年3月 第9回ユーザシンポジウム グランドホテル浜松にて開催(194社566名)
ユーザシンポジウム10周年に向けて、ユーザ会キャッチフレーズとシンボルマークを公募
同じく10周年に向けて、ユーザ論文を募集
1992年4月 ネットワーク研究会を「コミュニケーション研究会」と改名
1992年6月 ユーザ会キャッチフレーズとシンボルマーク決定
1992年7月 「EIS/DSS(エグゼクティブ・インフォメーション・システム/意思決定支援システム)研究会」発足
1993年3月 第10回ユーザシンポジウム グランドホテル浜松にて開催 (205社510名)
「ユーザシンポジウム第10回記念論文集」作成
1994年3月 第11回ユーザシンポジウム グランドホテル浜松にて開催 (168社440名)
1994年6月 ソフトウェア・エージー・ユーザ会を「SAG&BSPユーザ会」と改名
1995年3月 第12回ユーザシンポジウム グランドホテル浜松にて開催(153社406名)
1995年6月 EIS/DSS研究会を「OLAP研究会」と改名
1995年7月 「関西部門長の集い」発足
1996年3月 第13回ユーザシンポジウム グランドホテル浜松にて開催(169社436名)
1996年5月 「関西地区コミュニケーション研究会」発足
1996年12月 ユーザ会新名称公募
1997年3月 第14回ユーザシンポジウム グランドホテル浜松にて開催(141社418名)
SAG&BSPユーザ会を公募の中から選ばれた「Beaconユーザ会」と改名
1998年3月 第15回ユーザシンポジウム グランドホテル浜松にて開催(146社401名)
1998年4月 OLAP研究会、研究グループ活動開始
1999年3月 第16回ユーザシンポジウム グランドホテル浜松にて開催(183社528名)
1999年5月 「九州技術情報交換会」発足
2000年3月 第17回ユーザシンポジウム グランドホテル浜松にて開催 (183社519名)
2000年4月 中部マネジメント研究会を「中部ITフォーラム」と改名
2001年3月 第18回ユーザシンポジウム グランドホテル浜松にて開催(170社507名)
2001年4月 コンピュータ運用研究会を「システム運用研究会」、OLAP研究会を 「データウェアハウス研究会」
クロスオーバー研究会を 「東日本ITフォーラム」、関西部門長の集いを「西日本部門長の集い」と改名
2002年3月 第19回ユーザシンポジウム グランドホテル浜松にて開催(181社488名)
2002年4月 西日本部門長の集いを「西日本ITフォーラム」、九州技術情報交換会を 「九州ITフォーラム」と改名
「九州システム運用研究会」「アプリケーション研究会」発足
2003年3月 第20回ユーザシンポジウム グランドホテル浜松にて開催
「ユーザシンポジウム第20回記念誌」発行
2004年3月 第21回ユーザシンポジウム グランドホテル浜松にて開催(176社463名)
2004年4月 「九州データベース研究会」発足
2005年3月 第22回ユーザシンポジウム
大津プリンスホテル コンベンションホール「淡海」にて開催(173社502名)
2005年4月 「データベース研究会」、「システム運用研究会」、「コミュニケーション研究会」、「データウェアハウス研究会」を「情報活用研究会」「システム運用研究会」の2研究会に再編
「アプリケーション研究会」休会
2006年3月 第23回ユーザシンポジウム
大津プリンスホテル コンベンションホール「淡海」にて開催(191社528名)
2007年3月 第24回ユーザシンポジウム
大津プリンスホテル コンベンションホール「淡海」にて開催(191社606名)
2007年11月 第100回マネジメント研究会を沖縄にて開催
2008年3月 第25回ユーザシンポジウム
大津プリンスホテル コンベンションホール「淡海」にて開催(184社625名)
2009年3月 第26回ユーザシンポジウム
大津プリンスホテル コンベンションホール「淡海」にて開催(181社606名)
2010年3月 第27回ユーザシンポジウム
大津プリンスホテル コンベンションホール「淡海」にて開催(193社595名)
2011年3月 第28回ユーザシンポジウム
大津プリンスホテル コンベンションホール「淡海」にて開催(199社647名)
2012年3月 第29回ユーザシンポジウム
大津プリンスホテル コンベンションホール「淡海」にて開催(226社690名)
2013年3月 第30回ユーザシンポジウム
大津プリンスホテル コンベンションホール「淡海」にて開催(239社725名)
2014年3月 第31回ユーザシンポジウム
大津プリンスホテル コンベンションホール「淡海」にて開催(199社580名)
2015年3月 第32回ユーザシンポジウム
大津プリンスホテル コンベンションホール「淡海」にて開催(163社554名)
2015年4月 「情報活用研究会」、「システム運用研究会」を「情報活用研究部会」「システム運用研究部会」の2研究会に再編
2015年10月 ユーザ会新名称公募
2016年3月 第33回ユーザシンポジウム
大津プリンスホテル コンベンションホール「淡海」にて開催(175社515名)
2016年4月 Beaconユーザ会を公募の中から選ばれた「UNIRITAユーザ会」と改名